2014年08月26日

広島の土砂災害

広島ですごい規模の土砂災害が起きましたね。
死者と行方不明者を合わせて80人以上
ニュースを見ましたがすごい光景でした。

被災された方にはお見舞い申し上げます。
見ていて思ったのですが日本ではそういうリスクがあるところが多いですね。
だって山のそばに住宅を作っているのですもん。

あそこは山を削って作ったそうですね。
環境破壊だけでなく、安全面ですね。
しかも、花崗岩で崩れやすいところに造成をした。

これは人災といえるのではないでしょうか?
神奈川とかを見ても山を削って作ってますね。
斜面のところに

あそこらへんもあぶないと思います。
海のそばだと津波のリスクがある。
山のそばは土砂崩れのリスクがある。

やはり住宅を造成するなら平地ですよね。
それにしても本当にひどい災害ですよね
街まるごと飲まれた感じです。

広島の他にも北海道の礼文島でもありましたね。
ちょっと前では長野でも
日本災害多すぎですよ。

自分のところは近くに山も海の川もないので災害には無縁です。
埋め立てでもないですが地震のリスクはありますね。
それに関しては日本にいればどこでもリスクがありますが
posted by 環境大事 at 13:41| 日記